月の納音の過ごし方

月の納音の過ごし方 未分類

算命学によると、私は、明日から5年に1回の月の納音(なっちん)に入る。
あけるのは1か月後。

納音の過ごし方
・勝負に出ないこと
・運気が悪いから負ける
・思った結果にはならない
・思えば思うほど真逆の結果にむすびつく

ということなので、流れに身をまかせて、1か月すごしてみる。

おだやかに、すごせるといいな。

緊急事態宣言明けて、会社に行ったら、急に忙しくなり、帰りが遅い日が続いている。
むりやり自分の時間を作ろうとせずに、仕事月間になってもしょうがないくらいに思ってすごしてみます。

最身強だから、忙しい方が体調いいかもだし。

神話ポセイドン

コメント

タイトルとURLをコピーしました